データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、今季初の代打安打をマーク エンゼルスは連敗ストップ、先発スキャッグスは好投で自身3連勝

2019/06/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が23日(日本時間24日)、敵地でのセントルイス・カージナルス戦に代打で出場。右前に鋭い打球を放ち、今季初の代打安打をマークした。チームは6-4で勝利している。
 
 大谷は1-0で迎えた6回1死一、二塁の場面で登場。3番手の左腕ウェブとの対戦となった。1球目のツーシームをファウルし、1ストライクとすると、2球目、高めに浮いたチェンジアップを叩くと、打球はライト前へ転がった。打球速度が速いあまり、二塁走者は三塁でストップし、1死満塁とチャンスをひろげた。その後、ラステラの適時打でエンゼルスは2点目を挙げた。
 
 試合は、2-0の最終回、先頭のトラウトの安打を皮切りに打線がつながり、フレッチャーとガーノウの適時打、トバーの押し出し四球などで一挙4得点。リードを6点にひろげた。投げては、先発のスキャッグスが5回無失点の好投。救援陣もリードを守り切り、連敗を「3」で止めた。




  • 記者募集