データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、粘投6回2失点もリリーフが逆転被弾 ヤンキースはスタントンが4打点の活躍で8連勝

2019/06/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



同点2ラン浴びるも、直後に勝ち越し一時は勝利投手の権利

 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が22日(日本時間23日)、本拠地ヤンキー・スタジアムでのヒューストン・アストロズ戦に先発登板し6回2失点。一時は勝利投手の権利を得ていたが、リリーフ陣が逆転を許し
勝目はお預けとなった。
 
 完封勝利を挙げた前回登板から中4日でアストロズ戦に臨んだ田中は、序盤3回まで走者を背負いながらも決定打を許さない粘りの投球を見せる。
 
 4回は一塁を守るルーク・ボイト内野手の好守にも助けられ、わずか7球で3者凡退。続く5回は1死からこの日初の長打となる二塁打を許すも無失点で切り抜けた。
 
 ヤンキース打線は5回、1死からアーロン・ヒックス外野手が四球で出塁すると、2死後に8番のジオ・ここまでアーシェラ内野手が右翼スタンドへ第6号2ラン本塁打を放って先制。田中にようやく援護点が入る。
 
 リードをもらった田中は6回、得点した直後に失点はしたくないイニングだったが、1死一塁から6番のジョシュ・レディック外野手にカウント1-1から低めの85.8マイル(約138キロ)のスプリットを完璧に捉えられる。これが右中間スタンドに飛び込む2ラン本塁打となり、2-2の同点とされてしまった。
 
 この回を投げ抜いた田中は、ベンチに戻った際にアーロン・ブーン監督と話し7回のマウンドには登らず。この日は6回88球(ストライク55球)を投げ被安打8、与四球1、奪三振1、失点2の内容で防御率3.21とした。
 
 同点とされたヤンキースだったが、直後の攻撃で無死満塁の絶好のチャンスを作り、4番のジャンカルロ・スタントン外野手が左翼へ2点適時打を放ち4-2と勝ち越しに成功。これによって田中に6勝目の権利が生まれた。
 
 しかし、田中の後を受けて7回に登板したヤンキース2番手のジョナサン・ホルダー投手が2死走者なしから連続安打で一、二塁とピンチを作ると、4番ヨーダン・アルバレス内野手に3ラン本塁打を浴び4-5と逆転された。
 
 5回までとは一転して激しく試合が動く中盤から終盤、劣勢に立たされたヤンキース打線が再びアストロズに襲い掛かる。試合前まで防御率0.81としていたアストロズ3番手のライアン・プレスリー投手に対して、1死からオースティン・ロマイン捕手が第2号ソロ本塁打を放ちまず5-5の同点に追い付く。
 
 さらにこの後2死二、三塁とチャンスを作り、スタントンが左翼へ2点適時打を放ち7-5と一気に勝ち越しに成功した。ヤンキースはこのリードをアダム・オッタビーノ投手、ザック・ブリットン投手が守り切り7-5のまま勝利し、8連勝とした。一方のアストロズは7連敗を喫している。

1 2



  • 記者募集