データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平のサイクル安打全打席を徹底解剖 試合を通した駆け引きで圧勝【編集部フォーカス】

2019/06/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



第3打席、2死走者無し


対ライアン・ヤーブロー投手-マイク・ズニーノ捕手
 
 3度目の対戦となるヤーブローとズニーノのバッテリーは、ここで大きく配球を変える。ここまで2打席とも速い球を長打にされていることもあり、この打席はカーブを多投した。低めに制球されたカーブに対し大谷は、2球を見送ると、3球目のインコースからストライクゾーンに入ってくる球を空振り。これを見てバッテリーはさらにカーブを続けるが、大谷はボール球には徹底して手を出さずに見極めた。そしてフルカウントからの6球目、低めの逃げていくカーブに食らいつくと、打球は右翼線へと転がり、俊足を飛ばして三塁を陥れた。
 
① ボール:カーブ(71.7マイル、低め)
② 見逃し:カーブ(70.9マイル、低め)
③ 空振り:カーブ(72マイル、低め)
④ ボール:カーブ(70.4マイル、低め)
⑤ ボール:カーブ(72.3マイル、低め)
⑥ 右翼線三塁打:カーブ(72.2マイル、低め)

【次ページ】第4打席
1 2 3 4 5