データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「花巻東対決」大谷翔平VS菊池雄星、第2打席は一ゴロ 初球のカーブを叩き進塁打に

2019/06/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



エンゼルスは後続打者が倒れ無得点

 花巻東高の先輩後輩にあたるシアトル・マリナーズの菊池雄星投手と、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアムでメジャー対決。第2打席は一ゴロだった。
 
 日本だけでなく全米も注目する両者の対決は初回、エンゼルスの大谷が第1打席で二塁への内野安打を放ち、一挙3得点を先制する起点となった。
 
 3-0と幸先良いスタートを切ったエンゼルスだが、マリナーズも2回にカイル・シーガー内野手の第3号ソロ本塁打で1点を返し3-1。序盤から点の取り合いの様相となった。
 
 大谷の第2打席は早くも2回にやってきた。菊池が安打と四球で走者を許し1死一、二塁とピンチを広げる中、大谷は初球の内角76.1マイル(約122キロ)のカーブを振り抜くも一ゴロ。それでも、走者がそれぞれ進んで二、三塁となった。しかし、続くアルバート・プホルス内野手が三ゴロに倒れてエンゼルスは追加点を挙げることはできなかった。