データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、自己最長10戦連続出塁も無安打 エンゼルスは逆転負けで今季3度目の5連敗

2019/05/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



左腕の変化球に苦戦、9回は惜しくも打席回らず

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのテキサス・レンジャーズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、3打数無安打1四球に終わった。
 
 大谷はこの日、今季試合前まで打率.286と好相性としている左投手との対戦だった。まず1点を追う初回の第1打席でレンジャーズ先発のドリュー・スマイリー投手に対して四球を選び、自身10試合連続出塁をマーク。
 
 エンゼルスはその後、ジョナサン・ルクロイ捕手とブライアン・グッドウィン外野手による本塁打で3-1と逆転に成功。しかし、大谷は3回の第2打席で一ゴロに倒れ、チームの流れに乗ることができない。
 
 そのまま試合中盤に入り5回、大谷は無死二、三塁という絶好のチャンスで第3打席を迎えると、チェンジアップを引っ張って強烈な打球を放ったものの一直。スマイリーの繰り出す変化球に苦戦を強いられる。
 
 エンゼルスが攻撃で試合の主導権をなかなか握れない中、エンゼルス2番手のジャスティン・アンダーソン投手がレンジャーズ打線につかまる。先頭の4番ハンター・ペンス外野手に二塁打を浴びると、1死からアズドゥルバル・カブレラ内野手にタイムリー二塁打を浴びて2-3と1点差に詰め寄られた。
 
 続く7回にもエンゼルスは3番手のキャム・ベドロージアン投手が味方のエラーと四球などで1死二、三塁のピンチとなると、再びペンス外野手に中前タイムリー安打を浴び、さらにマイク・トラウト外野手の今季初エラーも重なって3-4と逆転を許してしまう。
 
 大谷は直後の7回1死一塁の場面で第4打席を迎えたが、レンジャーズ2番手の右腕ジェシー・チャベス投手の前に一ゴロ。進塁打にもならず、得点に結びつけることができなかった。
 
 8回は3者凡退とあっけなく攻撃を終えたエンゼルスは、9回にレンジャーズショーン・ケリー投手に対して1死から9番のグッドウィンの右前安打で同点の走者が出塁。ケリーの暴投によって二塁に進めたが、本塁打が出れば逆転サヨナラという場面で1番のデビッド・フレッチャー内野手、2番のトラウトが相次いで凡退。3番の大谷に第5打席は回らず3-4で惜敗した。
 
 大谷はこの日3打数無安打、1四球で打率.236となった。エンゼルスは今季3度目の5連敗。カードが変わって気分を一新したいところだったが、悪い流れを引きずる形となってしまった。