データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第4打席は一ゴロで進塁打にもならず エンゼルスはリリーフが逆転許し苦しい展開

2019/05/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのテキサス・レンジャーズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第4打席は力ない一ゴロに倒れた。
 
 大谷は、1点を追う初回の第1打席で左腕のドリュー・スマイリー投手に対してストレートの四球。自身10試合連続出塁をマークした。
 
 エンゼルスはその後、ジョナサン・ルクロイ捕手とブライアン・グッドウィン外野手による本塁打で3-1と逆転に成功。しかし、大谷は3回の第2打席で一ゴロに倒れ得点に絡むことができない。
 
 試合中盤に入り5回、大谷は無死二、三塁という絶好のチャンスで第3打席を迎えると、第2打席に続いて変化球を引っ張って強烈な打球を放ったが一直に倒れた。
 
 エンゼルスが試合の主導権をなかなか握れない中、レンジャーズの反撃に遭う。6回、エンゼルス2番手のジャスティン・アンダーソン投手が1死二塁のピンチを招くと、アズドゥルバル・カブレラ内野手にタイムリー二塁打を浴びて2-3と1点差に詰め寄られた。
 
 続く7回、エンゼルスは3番手のキャム・ベドロージアン投手がマウンドに上がったが、味方のエラーと四球などで1死二、三塁のピンチとなると、4番ハンター・ペンス外野手に中前タイムリー安打が飛び出し、さらにマイク・トラウト外野手の今季初エラーも重なって2者が生還。3-4と逆転を許してしまった。
 
 大谷は直後の7回1死一塁の場面で第4打席を迎え、今度はレンジャーズ2番手の右腕ジェシー・チャベス投手と対戦。初球の90.7マイル(約146キロ)の速球を見送ると、2球目も速球を見逃しカウント1-1となり、最後は低めの85.3(約137キロ)のチェンジアップを当てにいって一ゴロ。一塁走者のトラウトが二塁フォースアウトとなって進塁させることができなかった。