データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



「3番・DH」の大谷翔平、第1打席は遊ゴロ 前日右手にボール受け負傷も元気な姿見せる

2019/05/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が21日(日本時間22日)、本拠地でのミネソタ・ツインズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。第1打席はシフトに阻まれ、遊ゴロに終わった。
 
 前日の試合で、およそ150キロの速球を右手に受け、状態が不安視された大谷。だが、この日も定位置の「3番・DH」でスタメン出場を果たした。
 
 初回1死から、2番トラウトが左翼スタンドに飛び込む11号ソロを放ち、1点を先制したエンゼルス。続く大谷は、ツインズ先発のピネダに対し、2球目のチェンジアップを叩いたが、右寄りのシフトに阻まれ、遊ゴロに倒れた。試合は1-0で2回表へと進んでいる。
 
 また、大谷と同じく前日に負傷した遊撃手シモンズは、10日間の負傷者リスト(IL)に入った。ここまで多くの試合で4番を務めてきた攻守の要を欠くこととなったエンゼルス。この日は、4番にベテランのプホルス、遊撃には地元出身の若手有望株フレッチャーが就いている。