データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第2打席は甘い球捉えるも中飛 エンゼルスはリード広げて試合中盤へ

2019/05/19

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が18日(日本時間19日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席は中飛に倒れた。
 
 エンゼルスは初回、2番のマイク・トラウト外野手が通算250号となる第10号ソロ本塁打で先制に成功。続く5試合連続安打中の大谷翔平は、ロイヤルズ先発の右腕ジェイコブ・ジュニス投手の前に空振り三振に倒れた。
 
 2回にエンゼルスはジョナサン・ルクロイ捕手のタイムリー安打で1点を追加し2-0とリードを広げる。
 
 大谷は3回に2死走者なしの場面で第2打席を迎えた。前の打席でスライダーで空振り三振を喫したジュニスに対して、初球のスライダーを見送ると、カウント1-0から真ん中高め92.2マイル(約148キロ)の速球を捉えるも、打球は中堅ビリー・ハミルトン外野手の正面へのフライとなった。