データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、今季初本拠地で1安打&5試合連続H エンゼルスは逃げ切り連敗ストップ

2019/05/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



5戦計9安打、この間打率.409

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、今季自身初となる本拠地エンゼル・スタジアムでの試合、カンザスシティ・ロイヤルズ戦に「3番・指名打者(DH)」で出場して4打数1安打だった。
 
 右肘靭帯再建手術(通称:トミー・ジョン手術)からまず打者として復帰した大谷が、いよいよホームであるエンゼル・スタジアムに戻ってきた。
 
 復帰を待ち望んでいたファンから大歓声が上がる中迎えた初回の第1打席は、ロイヤルズ先発の右腕ブラッド・ケリー投手の94.9マイル(約153キロ)に空振り三振。続く3回、先頭打者として立った第2打席でも速球の前に遊直に打ち取られ、2打席連続凡退を喫した。
 
 エンゼルスは、3-0とリードした3回に内野ゴロの間に1点を追加し、4-0として試合の主導権を握る。この良い流れに乗りたい大谷だったが、5回無死一塁の場面で第3打席を迎え、速球2球で追い込まれてしまう。しかし、3球目の93.1マイル(約150キロ)の速球を捉え、これがクリーンヒットでの中前安打となって、自身5試合連続安打とした。
 
 大谷は、7回の第4打席はロイヤルズ3番手のスコット・バーロウ投手からカーブで見逃し三振を喫し、この日は4打数1安打で打率を.289とした。連続安打を続けている5試合では計22打数9安打、打率と.409している。
 
 6回に2点を返され2点差に詰め寄られたエンゼルスだったが、7回にアルバート・プホルス内野手のタイムリー安打でリードを広げて、そのまま5-2で勝利。連敗を「2」でストップさせた。なお、この日2安打を放ったプホルスは、通算3116安打としてアレックス・ロドリゲス氏を抜いて歴代単独20位に立った。

1 2