データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、1号&マルチ&4出塁の大活躍 第5打席は左腕から技あり安打

2019/05/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地でのミネソタ・ツインズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。今季第1号を含む、3打数2安打、2四球の活躍をみせた。チームは5-4で勝利している。
 
 大谷は初回、フルカウントから低めのチェンジアップを見極め、四球で出塁。
1点ビハインドで迎えた第2打席は、無死三塁のチャンスで、ツインズ先発のべリオスが投じた92.5マイルの速球を捉えると、打球は高く上がってそのまま左中間スタンドへ入り、今季第1号逆転2ラン本塁打となった。
 
 第3打席は、1死一、二塁で、二ゴロ併殺打に倒れた大谷。1点リードで迎えた第4打席は、2死一塁から四球を選んだ。
 
 そして最終第5打席は、9回先頭で打席が回ると、前の回から登板している4番手ロジャースが投じた3球目のスライダーを上手く弾き返し右安打。追加点が欲しい場面で、左腕を苦にせずチャンスメイクし、役割を果たした。
 
 この日の大谷は、3打数2安打、1本塁打、2四球、2打点の成績で、打率.250としている。
 
 試合は、打線が15安打を放つ活躍で5得点。決勝本塁打を放ったラステラは、チームトップの10本目。昨季まで本塁打のキャリアハイが5本だった30歳が、新天地で飛躍を遂げている。
 
 投げては、先発のスキャッグスが2本塁打を浴びて5回4失点で降板するも、救援陣が粘り強く投げ抜いた。3番手バットリーは、8回に無死二塁のピンチを招くが、後続3人を打ち取ってリードを守り、最終回はロブレスが締めた。