データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池雄星、またもメジャー初勝利消える 2番手フェスタが打たれ同点に

2019/04/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が10日(日本時間11日)、敵地でのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に先発。6回3失点で勝ち投手の権利をもったまま降板したが、2番手マット・フェスタ投手が打たれ、メジャー初白星を掴むことができなかった。
 
 菊池はこの日、苦しい立ち上がりだった。初回に2死から連打で1点を失うと、2回はドジャーに、3回はソレアにそれぞれソロ本塁打を許し、3回まで毎回失点。たびたび味方の援護点を吐き出した。
 
 だが、4回に再び援護点をもらいリードすると、その裏からは別人の投球。先頭のオーイングスの三ゴロを皮切りに6回まで1人の走者も許さない完全投球。3回のシュウィンデルから10者連続アウトで締め、2点リードのままマウンドを降りた。
 
 しかし、7回にマウンドを引き継いだ2番手・フェスタが、先頭のオーイングスにいきなり二塁打を浴びる。その後2死までこぎつけるも、9番ゴア、1番・メリフィールドに連打を許し同点に。前回、前々回に続き、この日も菊池は勝ち投手の権利を手にしながらも、メジャー初勝利とはならなかった。
 
 この日の菊池は6回(80球)を投げ、被安打5、奪三振3、与四球1、失点3。防御率は4.15となっている。