データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池雄星、立て直しの要因は「個々の対決」 “絶望的な立ち上がり”から流れ呼んだ経験を糧に【雄星リポート第3戦】

 シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が5日(日本時間6日)、敵地ギャランティード・レイト・フィールドでのシカゴ・ホワイトソックス戦に先発登板したが、5回6失点で勝ち負け付かず。メジャー3試合目での初勝利はならなかった。それでも序盤の大量失点から一転、2巡目以降の対戦で修正力を見せ次戦以降にも期待が持てる内容だった。

2019/04/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



初回に先制も、味方野手の失策から失点重ねる

 マリナーズの菊池雄星が、ホワイトソックス戦に登板。5回7安打6失点(自責点4)で降板したものの、マリナーズ打線が6回に一時は逆転し、菊池に勝ち負けは付かなかった。
 
 1、2回で6失点を喫した試合ではあったが、新たな菊池を見せた試合でもあった。
 
 試合は、試練から始まった。
 
 1回表にドミンゴ・サンタナ外野手が右翼へソロ本塁打を放ちマリナーズが1点を先制。
菊池はアドバンテージを持ってマウンドに立つことができたが、その裏、先頭のルーリー・ガルシア外野手の遊ゴロを遊撃手のティム・ベッカムがファンブルして出塁を許すと、続くティム・アンダーソン内野手には中前安打浴びて、1、2塁のピンチを招く。3番ホセ・アブレイユ内野手を遊撃ゴロに打ち取るも、これもベッカムがファンブル・送球と2つの失策を喫して1点を失った。
 
 さらに続くウェリントン・カスティーヨ捕手を四球で出した後、無死満塁から5番ヨアン・モンカダ内野手に中越えのタイムリー二塁打を浴びて2失点。2回にも勢いに乗ったホワイトソックス打線を抑えきれずに、4連打などで3失点と苦しい立ち上がりだった。
 
 2回で6失点。チームにとっても、本人に取ってもダメージは大きかっただろう。しかし、3回にマリナーズが1点を返すと、菊池が粘りを見せる
 
 3回裏、菊池は1安打を浴びながら無失点で切り抜けると、4回表に味方チームが2点を返す。すると菊池が4、5回裏を6人で料理して無失点。完全にゲーム展開を分からなくさせたのである。
 
 そして、6回表、マリナーズ打線が爆発する。
 無死からオマー・ナルバエズ捕手が右前安打で出塁すると、7番のライオン・ヒーリー内野手が左翼スタンドに2ラン本塁打を放り込んで同点。2死からマレックス・スミス外野手が四球で出塁すると、2番のミッチ・ハニガー外野手が中越えの勝ち越し2ラン本塁打を放ったのである。菊池は勝ち投手の権利を得て、先発投手の役目を果たしたのだった。

1 2