データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



現役最強野手、負傷中の大砲、そして…大谷翔平所属エンゼルスの野手陣を一挙紹介<外野手・DH>

2019/04/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



コール・カルフーン


2018年 137試合、打率.208、19本塁打、57打点、6盗塁、OPS.652
 
 31歳、左投左打の外野手。エンゼルス一筋8年目のカルフーンは、2014年に打率.272、17本塁打の成績でレギュラーに定着。翌15年には26本塁打をマークし、飛躍が期待されたが、昨季は不振にあえぎ、定着後自己最低の数字となった。

【次ページ】マイク・トラウト
1 2 3 4 5 6