データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Dバックス、復活懸ける外野手が左膝手術で今季絶望 前十字靭帯など4カ所損傷の重傷

2019/03/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



長打力備えるスーザ、OP戦でホーム踏んだ際に負傷

 アリゾナ・ダイヤモンドバックスのスティーブン・スーザJr.外野手が、左膝手術を受けるため今季絶望となった。米公式サイト『MLB.com』が26日(日本時間27日)に伝えている。
 
 スーザは昨季、2017年に30本塁打を放ち主砲の1人として活躍したタンパベイ・レイズからトレードでダイヤモンドバックスに移籍。しかし、右胸筋を痛めるなどして72試合の出場にとどまり、打率.220、5本塁打、29打点、6盗塁に終わっていた。
 
 移籍2年目の今季に復活を懸けていたが、同サイトによれば25日(同26日)のシカゴ・ホワイトソックスとのオープン戦でホームに生還した際に膝を左膝を負傷。翌日、ダイヤモンドバックスのトロイ・ロブロ監督が「スーザは左膝の前十字靭帯、外側側副靭帯、後十字靭帯、関節後方外側をそれぞれ損傷し、それらの修復手術を受け今季絶望となる」と発表した。
 
 チームはオフに主砲のポール・ゴールドシュミット内野手とA.J.ポロック外野手を放出。その後、通算266本塁打を誇るアダム・ジョーンズ外野手を獲得していたが、長打力を備えるスーザが抜けたのは大きい穴だ。
 
 同サイトは、外野手の配置についてジョーンズを右翼、内野手登録のケテル・マーテイを中堅、そして現在40人枠から外れているものの外野3つのポジションを守れるマット・シーザーをロースターに加えることもできるとしている。開幕を直前に控え緊急事態に陥ったダイヤモンドバックスだが、この窮地をどう乗り切ることになるだろうか。

1 2