データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



“チームの”エースになる力がある。菊池雄星、イチローの言葉を胸にシアトルでの活躍誓う【メジャー1年目のリポート】

シアトル・マリナーズが21日、オークランド・アスレチックスとの開幕2戦目を勝利で飾った。菊池雄星投手にとってはメジャー初、イチロー外野手にとってはメジャー最後となった試合。2人の間には共有した数カ月という期間以上の思いがある。

2019/03/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



イチローと菊池を結ぶ不思議な縁

 突然の引退発表があったのは、試合が始まってすぐではなかった。
 イニングでは、2回裏の攻撃が始まったあたり。実は、これには、イチローの配慮があった。
 
「菊池雄星が1球を投げるまで、速報ニュースを流さないでほしい」
 
 日本で開催された今回のMLB開幕シリーズ。来日会見で、ともに姿を現したイチローとメジャーではルーキーになる菊池雄星との間には、なんとも言えない緊密な距離があった。
 
 そもそものイチローと菊池の縁は、菊池が小学校3年生だった頃まで遡る。これはマリナーズの入団会見の時も語っているが、不思議な運命だ。
 
「僕が初めてプロ野球を見に行ったとき、イチローさんが最後に日本でプレーしたシーズンでした。岩手県営野球場で見たことは鮮明に覚えています。野球を始めたばかりで、イチローさんしか知らないくらいでしたが、その時のオーラ、雰囲気が、昔の記憶ですが、ずっと残っています。たくさんお聞きしたいことがあるし、一緒にプレーすることが楽しみです」。
 
 憧れや雲の上の存在という言葉が口をついて出てくるが、菊池にとって、ほんの数カ月間限りのイチローとの時間は相当に有意義なものだったに違いない。
 
 菊池は実感を込めていう。
 
「(イチローさんは)毎日、徹底して、誰よりも準備をしている人でした。そして野球を向き合う姿勢には学ぶことばかりでした。僕は今まで、イチローさんに関する本や雑誌の特集をたくさん見てきました。でも、それはイメージの世界でしかなかったんですけど、イメージの世界をはるかに超えるような存在感がありましたし、野球に対する向き合い方を目の当たりにして、今まで点でしかなかったものが線でつながったような思いがしました」。
 
 菊池はどんなことにも理を繋げようとするタイプだ。
 なぜ、これだけのことができるのか、なぜ、そうなっているのか。だから、本をよく読んだりするのだが、イチローと同じ時間を共有することで、それを多く感じたという。

1 2