データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イチローは2打数無安打1四球 代走送られ途中交代

2019/03/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 シアトル・マリナーズは7日(日本時間8日)、シンシナティ・レッズとオープン戦で対決。イチロー外野手が6番・レフトで先発出場し、2打数無安打1四球だった。試合はマリナーズがリードして終盤に入っている。
 
 マリナーズは打線がつながり、初回から2点を先制。イチローは2死一塁で第1打席を迎えた。初球は外角の速球を見逃してストライク、2球目は選んでボールとすると、3球目を叩き、打球はセンターに抜けようかという当たり。しかし、これをセカンドのスクーター・ジェネット内野手がうまくさばき、一塁走者が二塁でアウトとなって初回を終えた。
 
 マリナーズは3回表に勝ち越しに成功。4-2とリードし、一死二塁として迎えた第2打席のイチローは、鋭いファウルを放つなど粘りを見せる。追加点の欲しい場面、フルカウントからの6球目を捉えた打球は良い当たりながら、センターフライに終わった。
 
 6回表の先頭打者として第3打席に入ると、4球連続で冷静に見切り、四球を選んだ。イチローにはここで代走が送られ、途中交代となった。その後、イチローの代走で入ったディラン・ムーア内野手がスクイズの間に生還した。
 
 試合6-3とマリナーズがリードして終盤へ。先発の菊池雄星投手が試合を作り、イチローも得点機を演出する展開。今季の新生マリナーズの形が見え始めた。