データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



フィリーズ、ハーパー効果でチケット即10万枚売上 契約合意発表から24時間で記録的快挙

2019/03/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



開幕戦は完売!右翼スタンドの人気急増

 フリーエージェント(FA)の目玉とされていたブライス・ハーパー外野手と大型契約に合意したフィラデルフィア・フィリーズ。このハーパーとの契約合意が発表されてから24時間で今季のチケット10万枚が売れたことが分かった。米スポーツサイト『ESPN』が1日(日本時間2日)、伝えている。
 
 フィリーズとハーパーは2月28日(同3月1日)、米国プロスポーツ史上最高額となる13年総額3億3000万ドル(約368億円)の超大型契約で合意。サンディエゴ・パドレスと契約を結んだマニー・マチャド内野手と並んで目玉となっていた大物FA選手の争奪戦に遂に決着がついた。
 
 同サイトによれば、この契約合意が発表されてからの最初の24時間のうちに、今季のフィリーズの公式戦チケットが10万枚売れたという。メジャー屈指のスーパースター獲得が早くもファンたちの好奇心に火を付けた形だ。
 
 球団の上級副社長であるジョン・ウェバー氏は「この数字はチームにとって記録的な快挙」とし、「シーズンを楽しみにしている」とフロントとしても好調な売れ行きに喜びを隠せない模様。
 
 既に開幕戦である28日(同29日)のアトランタ・ブレーブス戦は完売となっていて、その他の試合のチケットでは、ハーパーが左打者であることから本塁打が飛び込みやすいと予想される右翼スタンドのチケットの売れ行きが急激に伸びているという。
 
 米公式サイト『MLB.com』によれば背番号「3」を着けることになるとされている26歳のハーパー。通算184本塁打、オールスターゲーム選出6度を誇る男の絶大な影響力は今後も広がっていきそうだ。