データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



MLB現役勝利数TOP10は? サバシアとコロンは大台目前、最年少のカーショウに期待【編集部フォーカス】

2019/02/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,



9.クレイトン・カーショウ(ロサンゼルス・ドジャース)


153勝(69敗)
2011年、2013年、2014年と3度サイ・ヤング賞を受賞した最強左腕。2014年はMVPも受賞している。通算防御率2.39と通算勝率.689は現役トップ。最多勝3度、最優秀防御率5度、最多奪三振3度など多くのタイトルを獲得。2011年と2013年に記録した21勝がキャリアハイとなっている。まだ30歳とこのトップ10の中で最も若く、今後どこまで記録を伸ばすか期待が膨らむ。

【次ページ】アービン・サンタナ
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11