データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ロイヤルズ、元ダイヤモンドバックス・ディークマンと契約 高い奪三振能力をもつ剛球左腕

2019/02/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 カンザスシティ・ロイヤルズは13日(日本時間14日)、アリゾナ・ダイヤモンドバックスからフリーエージェント(FA)となっていたジェイク・ディークマン投手と1年契約を結んだと発表した。
 
 32歳のディークマンは、2012年にフィラデルフィア・フィリーズでデビューした救援左腕。テキサス・レンジャーズを経て、昨季途中からダイヤモンドバックスに移籍。150キロ超えのクロスファイヤーを武器に、昨季も奪三振率11.14をマークするなど、キャリアを通じて高い数字を残している。
 
 メジャー通算は、365試合に登板し、14勝15敗、97ホールド、7セーブ、防御率3.75となっている。