データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



インディアンス、攻守の要リンドーアが右足負傷で開幕欠場へ 復帰までに最大9週間

2019/02/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



昨季チームの地区3連覇に貢献。穴を埋める選手に注目

 クリーブランド・インディアンスのフランシスコ・リンドーア内野手が、右ふくらはぎの張りによってシーズン開幕に間に合わない可能性が高くなった。米公式サイト『MLB.com』が8日(日本時間9日)、伝えている。
 
 リンドーアは、米フロリダ州オーランドでスプリングトレーニング(春季キャンプ)に向けた練習の際に、右ふくらはぎの張りを発症。同サイトによれば、既にリハビリを開始しているが「復帰までに7週間から9週間を要する」とし、具体的な復帰時期に関して「3月27日(同28日)から4月10日(同11日)の間」と伝えている。これにより、3月28日(同29日)の開幕戦に間に合わない可能性が高くなった。
 
 リンドーアは、今季がメジャー5年目の25歳。昨季は158試合に出場し、堅い守備とともに打率.277、38本塁打、92打点、25盗塁、そしてメジャートップタイとなる129得点を記録する活躍を見せて、チームのアメリカン・リーグ中地区3連覇に大きく貢献した。
 
 現在インディアンスのメジャー40人枠に登録されている遊撃手には、昨季傘下の3Aクラスで127試合に出場して打率.256、13打点、62打点、4盗塁を記録した球団有望株ランク6位に位置づけられているユウ・チャン内野手、今オフにピッツバーグ・パイレーツとのトレードで獲得したマックス・モロフ内野手らがいる。
 
 チームの核の1人となるリンドーアが欠ける中、どんな逸材がその穴を埋めることになるのか。リンドーアの復帰後の活躍とともに注目が集まる。