データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Wソックス、トレードで今季30ホールドのコロメ獲得 リーグ11位のブルペン再建へ一手

2018/12/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 シカゴ・ホワイトソックスは30日(日本時間1日)、シアトル・マリナーズとのトレードでアレックス・コロメ投手を獲得したと発表した。ホワイトソックスは、見返りとしてオマー・ナルバエス捕手を放出している。
 
 29歳のコロメは、今季タンパベイ・からシーズン途中にマリナーズに移籍。切れ味鋭いチェンジアップを武器に、レイズではクローザー、マリナーズでは主にセットアップとして計70試合に登板し、7勝5敗、30ホールド、12セーブ、防御率3.04を記録した。
 
 ホワイトソックスは、今季チーム防御率がアメリカン・リーグ11位となる4.83。リリーフに限って見てもリーグ11位の4.49と高く、改善が必要とされていた。米公式サイト『MLB.com』によると、リック・ハーンGMは「ブルペンに対する対処が終わったとは思っていない。さらなる追加があるだろう」と今後の補強方針も明らかにしている。
 
 確かに、今季最多セーブを記録したホアキム・ソリア投手はシーズン途中でミルウォーキー・ブリュワーズに移籍。ソリア以外9人もの投手がセーブを記録するなど、クローザーが固定されていなかった。クローザーだけでなくリリーフ陣全体を底上げする必要があり、これからどんな補強でグレードアップさせていくのか注目される。