データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Rソックス、終盤の逆転劇で世界一王手! ド軍前田は満塁から痛恨の3点タイムリー浴びる

2018/10/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



終盤3イニングで猛打発揮し9得点!

 ボストン・レッドソックスが27日(日本時間28日)、敵地ドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャースとのワールドシリーズ第4戦に9-6で勝利。5年ぶりの世界一へ王手とした。
 
 前日の延長18回、ポストシーズン史上最長の7時間20分の激闘を経て迎えた第4戦。この日は両チームによる投手戦が繰り広げられた。ドジャース先発のリッチ・ヒル投手とレッドソックス先発エデュアルド・ロドリゲス投手がともに5回まで無失点と好投。
 
 膠着した試合を先に動かしたのはサヨナラ勝ちで勢いに乗るドジャースだった。ロドリゲスに対して1死満塁から相手守備のエラーで1点を先制すると、なおも2死一、三塁でヤシエル・プイーグ外野手が左中間スタンドへ3ラン本塁打を放ち、一気に4-0と突き放した。
 
 追うレッドソックスは7回、2つの四球などで2死一、二塁とすると、ドジャース3番手のライアン・マドソン投手に対して代打のミッチ・モアランド内野手がライトスタンドへ3ラン本塁打。ドジャースに傾いた流れを引き戻す一発となった。
 
 続く8回、レッドソックスはドジャースのクローザー、ケンリー・ジャンセン投手からスティーブ・ピアース内野手がソロ本塁打を放ちついに4-4の同点。そして9回には代打のラファエル・デバース内野手のタイムリー安打で勝ち越しに成功した。
 
 なおも満塁とチャンスは続き、ドジャース7番手で登板した前田健太投手に対して再びピアースが右中間へ走者一掃の3点タイムリー二塁打を放って8-4。大きくリードを広げ、さらにザンダー・ボガーツ内野手のタイムリー安打でダメ押しした。
 
 2本のタイムリー安打を浴びた前田はこの日1/3回、12球(ストライク9球)を投げて被安打2、与四球1(敬遠)、奪三振0、失点2の成績に終わっている。
 
 レッドソックスは9回、クローザーのクレイグ・キンブレル投手がエンリケ・ヘルナンデス外野手に2ラン本塁打を浴びたが、後続を抑えて9-6で勝利。シリーズ対戦成績を3勝1敗として、2013年以来5年ぶりとなる世界一へいよいよ王手とした。

1 2