データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Rソックス、WS第2戦は逆転勝ちで連勝! ド軍前田は2/3回無失点も打線が5回以降沈黙

2018/10/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



シリーズ初めてリード許すも投打で中盤以降は隙与えず

 ボストン・レッドソックスが24日(日本時間25日)、本拠地フェンウェイ・パークで行われたロサンゼルス・ドジャースとのワールドシリーズ第2戦に4-2で勝利。2連勝として世界一また一歩近づいた。
 
 前日の第1戦を8-4で勝利したレッドソックスが、この日もドジャースを抑え込んだ。レッドソックスは2回、ドジャース先発の柳賢振投手に対して2死二塁からイアン・キンズラー内野手が左前へタイムリー安打を放ち1点を先制する。
 
 しかし4回、レッドソックス先発のデビッド・プライス投手がつかまる。2本の安打と四球で無死満塁のピンチを背負うと、マット・ケンプ外野手の犠飛、そして2死後にヤシエル・プイーグ外野手にタイムリー安打を浴び1-2と逆転を許した。
 
 このシリーズ初めてリードを奪われたレッドソックスだったが、5回にドジャース2番手のライアン・マドソン投手の押し出し四球で同点に追い付くと、なおも満塁でJ.D.マルティネス外野手が右前へタイムリー安打を放って2者が生還。4-2と一気に勝ち越しに成功した。
 
 投げては、先発のプライスが6回2失点と好投。2番手以降の投手も無失点で繋ぎ、最後はクローザーのクレイグ・キンブレル投手が9回を3者凡退に抑えて、レッドソックスが4-2で勝利。第1戦から本拠地で2連勝として、5年ぶりの世界一にまた一歩近づいた。
 
 一方敗れたドジャースは、7回から4番手として前田健太投手が登板。前日に4安打を放ったアンドリュー・ベニンテンディ外野手をチェンジアップで空振り三振に仕留めるなど2/3回、14球(ストライク8球)を投げて無失点と好投した。それでも、打線が5回以降無得点に抑えられ連敗を喫した。
 
 シリーズは1日の移動日を挟み、26日(同27日)に今度はドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで第3戦が行われる。

1 2