データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Rソックス、5年ぶり世界一へWS白星発進! 代打ヌニェスが豪快3ランでドジャース突き放す

2018/10/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



両先発がともに5回途中で降板

 ロサンゼルス・ドジャースとボストン・レッドソックスによるワールドシリーズ第1戦が23日(日本時間24日)、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで行われ、レッドソックスが8-4で勝利。5年ぶりの世界一へ向けて幸先の良いスタートを切った。
 
 102年ぶりとなったドジャースとレッドソックスの世界一を懸けた戦い。第1戦は序盤から点の取り合いとなった。初回、レッドソックスがドジャース先発のクレイトン・カーショウからアンドリュー・ベニンテンディ外野手とJ.D.マルティネス外野手のタイムリー安打で2点を先制。
 
 一方のドジャースも、レッドソックス先発のクリス・セール投手に対して2回にマット・ケンプ外野手のソロ本塁打、3回はマニー・マチャド内野手のタイムリー安打で2-2の同点に追い付く。
 
 直後にレッドソックスはマルティネスのタイムリー安打ですかさず1点を勝ち越し。しかし、ドジャースは5回に先頭のブライアン・ドージャー内野手が四球で出塁すると、セールがここで降板。2番手のマット・バーンズ投手に対しても1死一、二塁と攻め立て、マチャドの内野ゴロの間の得点で3-3とした。
 
 しかし、ドジャースはカーショウがセールと同様ピリッとしない。5回に先頭のムーキー・ベッツ外野手に四球、ベニンテンディに左前安打を浴びて無死一、二塁とピンチを背負い降板。両軍の先発が5回途中で降板する事態となった。
 
 レッドソックスは、この後満塁とすると、ザンダー・ボガーツ内野手の内野ゴロの間に再び勝ち越し。そして続くラファエル・デバース内野手のタイムリー安打で5-3とし、初回以来となる2点差にリードを広げた。
 
 7回に犠飛で1点を返されたレッドソックスだったが、直後の攻撃で代打のエデュアルド・ヌニェス内野手がドジャース5番手のアレックス・ウッド投手からレフトスタンドへ豪快な3ラン本塁打。8-4とこの日最大点差を付けた。
 
 この一発でドジャースの反撃を振り切ったレッドソックス。9回はクローザーのクレイグ・キンブレル投手が3者凡退に抑え8-4で第1戦をものにし、2013年以来5年ぶりとなる世界一へ好スタートを切った。

1 2