データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マーリンズ、キューバの有望株メサ兄弟と契約 ツイッターも歓迎仕様

2018/10/23

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 
 マイアミ・マーリンズは22日(日本時間23日)、キューバ出身の有望株であるビクトル・ビクトル・メサ外野手とビクトル・メサ・ジュニア外野手の兄弟とマイナー契約を結んだと発表した。
 
 兄のビクトル・ビクトルは22歳。MLB公式サイト内の若手有望株ランキング「MLBパイプライン」で外国人選手部門1位にランク付けられる注目選手だ。2012年、16歳でキューバ国内リーグデビューし、16-17年シーズンには70試合で打率.354、7本塁打、40盗塁とキャリアハイの成績を残した。17年の4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも出場し、2次ラウンドのキューバ戦では菅野智之投手から勝ち越し打を放つなどの活躍を見せた。
 
 弟のビクトル・ジュニアは17歳。スイッチヒッターで、U-18ベースボールワールドカップではキューバ代表としてプレーし、打率.320を記録した。
 
 父は第3回WBCやプレミア12でキューバ代表監督を務めたビクトル・メサ氏。米公式サイト『MLB.com』によると、契約金はビクトル・ビクトルが525万ドル(約5億9000万円)、ビクトル・ジュニアが100万ドル(約1億2500万円)とみられている。
 
 マーリンズはメサ兄弟との契約後、球団公式ツイッターのアカウント名を変更。兄ビクトル・ビクトルの名にちなみ、『Miami Miami Marlins』として入団を歓迎した。