データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



崖っぷちブリュワーズ、鮮やか逆転劇で3点リード ドジャースは先発の柳賢振が5失点KO

2018/10/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースとミルウォーキー・ブリュワーズによるナショナル・リーグ優勝決定シリーズ第6戦が19日(日本時間20日)、ブリュワーズの本拠地ミラー・パークで行われ、ブリュワーズが前半5回までを3点リードで折り返した。
 
 3勝2敗で2年連続のワールドシリーズ進出に王手としているドジャースは初回、ブリュワーズ先発のウェイド・マイリー投手に対し、先頭のデビッド・フリース内野手が右中間へソロ本塁打を放ち先制する。
 
 しかし、直後にブリュワーズ打線が爆発。ドジャース先発の柳賢振投手を2死一、二塁と攻め立てると、5番のヘスス・アギラ内野手が2点タイムリー二塁打を放ち逆転に成功。さらにこの後マイク・ムスタカス内野手、エリック・クラッツ捕手にも連続タイムリー安打が飛び出し、3連打で一気に4得点を挙げた。
 
 ブリュワーズは、2回にもライアン・ブラウン外野手がタイムリー二塁打を放ち1点を追加。柳を3回5失点と攻略した。一方のドジャース打線は5回、先制弾を放っているフリースがタイムリー二塁打を放ち1点を返すも、なおも2死一、二塁でマニー・マチャド内野手がブリュワーズ2番手のコーリー・クネイベル投手に空振り三振に抑えられ、点差を詰めることは出来なかった。
 
 試合は前半5回を終えて、負けたら敗退が決まるブリュワーズが5-2と3点をリードしている。

1 2