データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ギタリストとしての一面も 「バーニーはバーニーらしく」9年越しに正式引退

ヤンキース一筋で16年間プレーし、5度のオールスター選出、ゴールドグラブ賞4回獲得した輝かしい現役を正式に終えるバーニー・ウィリアムズ。5月24日には背番号「51」も永久欠番となる。ヤンキース移籍の際にその背番号の重さを理解し、とてもつけることができないとイチローに言わせた特別な存在に迫る。

2015/04/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



ギタリストとしても活動

 2009年にプエルトリコ代表の一員としてWBCに参加したものの、MLBでは2006年を最後にプレーはしておらず、引退後はジャズのギタリストとして活動しており、CDも発売している。実は、現役バリバリの2003年にもアルバムをリリースしている。

“Everyone loved him. He sat in the corner a lot and played is music, and we all enjoyed listening to it. Just a great teammate.”
「みんなから愛されていた。隅っこによく座って音楽を演奏し、皆それを楽しみにしていた。素晴らしいチームメイトだった」とジラルディのコメントからも現役時代から球場にギターを持っていき、チームの皆に音色を聞かせていたことがわかる。

 自身のホームページによると、2011年には共同作者としてRhythms of the Game: The Link between Music and Athletic Performanceという一冊にも作者として関わっている。2つの才能を持ち合わせたウィリアムズだからこそ音楽と運動能力の関係性を綴った一冊が書けるのだろう。

「ヤンキースの一員として有名な野球生活を送った後は、ロックスターになろうと思った」というバーニー・ウィリアムズ。
 正式な引退発表まで9年が経過したが、それもジラルディ監督から言わすとBernie being Bernie「バーニーはバーニーらしく」だそうだ。バーニーにしか描くことのできない野球選手からのセカンドキャリア、今後もどんなハーモニーを奏でるか楽しみだ。

ベースボールチャンネルのフェイスブックはこちら→
ベースボールチャンネルのツイッターはこちら→

出典:Bernie Williams will officially Retire Friday before Yankees play Mets in Subway Series By Mark Feinsand in NEW YORK DAILY NEWS on Apr.22 2015
Bernie Williams officially retires, throws out ceremonial first pitch during Yankees-Mets series By Peter Botte in NEW YORK DAILY NEWS on April 24.2015

1 2