データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



レッドソックス・セール、胃の不調で検査入院から退院 第3戦からチーム合流へ 

2018/10/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 
 ボストン・レッドソックスは15日(日本時間16日)、胃の不調で検査入院していたクリス・セール投手が同日朝に退院したと発表した。16日(同17日)にもチームに合流する見通し。
 
 セールは、13日(同14日)に行われたヒューストン・アストロズとのアメリカン・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発登板。翌日に体調不良を訴え、検査や経過観察のためにマサチューセッツ総合病院に一晩入院していた。検査の結果、症状は深刻ではなかったという。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、セールの次回先発登板は、予定通りなら前回登板から中4日の第5戦となるが、コーラ監督は「まずは彼の状態を確かめる必要がある」とコメントするにとどまった。
 
 優勝決定シリーズは1勝1敗で16日からアストロズ本拠地での3連戦を控える。第1戦は4回を投げ、1安打2失点と本調子ではなかったセール。レッドソックスにとって、エースの万全の体調での復帰がリーグ優勝決定シリーズ制覇の鍵となりそうだ。