データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ブリュワーズ、継投実り完封勝利!2勝1敗でリード ド軍は9回に絶好機作るも及ばず

2018/10/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



継投・続投で明暗分かれる

 ミルウォーキー・ブリュワーズとロサンゼルス・ドジャースによるナショナル・リーグ優勝決定シリーズ第3戦が15日(日本時間16日)、ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで行われ、ブリュワーズが快勝してシリーズ2勝1敗とリードした。
 
 1勝1敗で迎えた第3戦。先攻のブリュワーズは初回、ドジャース先発のウォーカー・ビューラー投手に対して、1死から2番のクリスチャン・イェリッチ外野手が四球で出塁すると、続くライアン・ブラウン外野手がレフトへのタイムリー二塁打を放ち、一塁走者のイェリッチが一気に先制のホームを踏んだ。
 
 一方のドジャースは2回、ブリュワーズ先発のユーリス・チャシーン投手から2本の安打で2死二、三塁のチャンスを作ると、8番のエンリケ・ヘルナンデス内野手は申告敬遠で満塁。しかしここで投手のビューラーが見逃し三振に倒れ、得点することができなかった。
 
 2回以降、両チームとも先発投手が好投を続け4イニング連続無得点。前半の5回までをブリュワーズの1点リードで折り返す。
 
 緊迫した投手戦を動かしたのはブリュワーズだった。6回、2球で2死を取られたが、4番のトラビス・ショウ内野手がセンターを越える三塁打を放つと、続くヘスス・アギラ内野手の打席でビューラーが痛恨の暴投を犯し、ショウが2点目のホームイン。リードを2点に広げる。
 
 さらにブリュワーズは7回、続投したビューラーに対して1死からエリック・クラッツが二塁打で出塁。そして続く8番のオーランド・アルシア内野手がライトポール際に飛び込む2ラン本塁打を放ち、4-0と大きく引き離した。
 
 投げては、先発チャシーンの後を受けて登板したコーリー・クネイベル投手、ホアキム・ソリア投手、ジョシュ・ヘイダー投手が揃って無失点。先発投手を引っ張ったドジャースに対して、こちらは早めの継投が功を奏しドジャースに隙を与えない。
 
 しかし9回、苦戦したドジャースがようやく反撃する。ブリュワーズ5番手のジェレミー・ジェフレス投手に対して、先頭のジャスティン・ターナー内野手とマニー・マチャド内野手が連打を浴びせ無死二、三塁のチャンスを作ると、1死からヤシエル・プイーグ外野手が四球を選びついに満塁。
 
 一発出れば同点の場面だったが、ここでヤズマニ・グランダル捕手と代打のブライアン・ドージャー内野手が連続三振に倒れ試合終了。ブリュワーズが4-0で逃げ切り、シリーズ2勝1敗とリードした。

1 2