データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャース、逆転勝利で1勝1敗のタイ 前田は大飛球打たれるも2戦連続の好救援で貢献

2018/10/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースは13日(日本時間14日)、敵地で行われたミルウォーキー・ブリュワーズとのナショナル・リーグ優勝決定シリーズ第2戦に4-3で勝利し、シリーズ1勝1敗のタイとした。
 
 ドジャースは、それまで好投していた先発の柳賢振投手が5回にソロ本塁打を浴びると、その後も連打を浴びて1死二、三塁のピンチを招き降板。さらに2番手ライアン・マドソン投手が内野ゴロの間にランナーの生還を許し、この回2点を先制された。
 
 また、6回には3番手アレックス・ウッド投手がトラビス・ショウ内野手にソロ本塁打を被弾し0-3と3点差で試合終盤へ。しかし7回、それまで苦しんでいた打線が奮起する。2番手のコービン・バーンズ投手から3連打を放つなど2点を返すと、続く8回にはジャスティン・ターナー内野手がレフトスタンドに値千金となる2ラン本塁打を放ち4-3と逆転に成功。
 
 その裏、ドジャースは8回2死一塁から前田健太投手が7番手として登板し、代打カーティス・グランダーソン外野手に大飛球を放たれるも、ライトフライに抑えて無失点で切り抜ける。そして9回は守護神ケンリー・ジャンセン投手が締めて4-3で勝利を収めた。
 
 シリーズ1勝1敗としたドジャースは、15日(同16日)の第3戦から本拠地ドジャー・スタジアムに戻る。このホームでの3連戦が、2年連続のワールドシリーズ進出に向けて重要な戦いとなるだろう。