データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャース左腕カーショウが5失点KO ブリュワーズが投打で躍動し4点リードで終盤へ

2018/10/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースとミルウォーキー・ブリュワーズによるナショナル・リーグ優勝決定シリーズ第1戦が12日(日本時間13日)、ブリュワーズの本拠地ミラー・パークで行われ、ブリュワーズが中盤までに相手エースを攻略して試合を優位に進めている。
 
 ドジャースのクレイトン・カーショウ投手、ブリュワーズのジオ・ゴンザレス投手の両左腕の投げ合いで始まった試合は、序盤から目まぐるしく動く。
 
 ドジャースが2回にマニー・マチャド内野手の今ポストシーズン3発目となるソロ本塁打で先制すると、一方のブリュワーズは3回に2番手投手であるブランドン・ウッドラフの同点ソロ本塁打、エルナン・ペレス内野手の犠飛で2-1と逆転。
 
 カーショウが苦しむ中、ブリュワーズ打線は攻撃の手を緩めない。4回は四球と安打にエラーが絡んで無死二、三塁と追加点のチャンスを作ると、ここで代打のドミンゴ・サンタナ外野手が2点タイムリー安打。カーショウをマウンドから引きずり降ろした。
 
 ブリュワーズはその後もライアン・ブラウン外野手のタイムリー安打で1点を追加し5-1。投げては、3回から登板した2番手のウッドラフ、3番手のジョシュ・ヘイダー投手がそれぞれ2イニングずつを投げともに無失点と好投し、試合は4点差のまま終盤に入った。

1 2