データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



Rソックス“全員野球”で5年ぶり地区S突破 100勝超え対決制す「我々は完璧なチーム」

2018/10/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 ボストン・レッドソックスが9日(日本時間10日)、敵地ヤンキー・スタジアムでのニューヨーク・ヤンキースとのアメリカン・リーグ地区シリーズ第4戦に4-3で勝利。シリーズ3勝1敗として5年ぶりのリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。
 
 レッドソックスは3回、制球が不安定なヤンキース先発のC.C.サバシア投手を攻め、J.D.マルティネス外野手の犠飛で先制。さらにイアン・キンズラー内野手とエデュアルド・ヌニェス内野手のタイムリー安打でこの回3点を挙げて試合を優位に運んだ。
 
 4回には9番のクリスチャン・バスケス捕手のソロ本塁打で1点を追加したレッドソックス。投げては、先発のリック・ポーセロ投手が5回を1失点にまとめて交代。後を受けたリリーフ陣も、第1戦に先発したクリス・セール投手をつぎ込むなど8回まで無失点リレーを繋いで、試合は3点差のまま9回に突入した。
 
 しかし、9回を任されたレッドソックスのクローザーであるクレイグ・キンブレル投手は、1死満塁から押し出し死球を与えて1失点。なおも満塁でゲーリー・サンチェス捕手には犠飛を浴びてついに1点差に迫られる。それでも、最後はグレイバー・トーレス内野手をチャレンジの末に三ゴロに打ち取って試合を締めた。
 
 シーズン100勝を挙げたヤンキースの猛追を振り切り4-3で勝利したレッドソックスは、これでシリーズ3勝1敗として5年ぶり11回目のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、レッドソックスのアレックス・コーラ監督は「このシリーズを勝つには、全員の力が必要だった。今夜はC.C.(サバシア)との対戦となったが、キンズラーの大きな一撃、そしてヌニェスは攻撃と守備で優れた仕事をしてくれた。クリスチャン(バスケス)も良い仕事をしたね」とチーム全員で勝ち抜いたことに対して喜びを語った。
 
 また、「我々は完璧なチームであり、誰もが試合に勝つことを期待している。この2試合は考えてみると楽しいものだったよ」と、今季レギュラーシーズンでメジャー最多の108勝を積み上げてきたチームの指揮官は、その強さならではのプレッシャーに臆することなく戦い抜いたことに充実感を示していた。
 
 レッドソックスは、この後13日(同14日)から本拠地フェンウェイ・パークで始まるア・リーグ優勝決定シリーズで昨季のワールドチャンピオンであるヒューストン・アストロズと対戦する。