データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャース、3年連続リーグ優勝決定S進出! 昨季惜しくも逃した世界一へ「あと8つ勝つ」

2018/10/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



前田は今ポストシーズン初登板で1回無失点

 ロサンゼルス・ドジャースが8日(日本時間9日)、敵地サントラスト・パークでアトランタ・ブレーブスとのナショナル・リーグ地区シリーズ第4戦に勝利し、3勝1敗で3年連続のシリーズ突破を果たした。ドジャースの前田健太投手もリリーフで登板し、1回無失点で勝利に貢献している。
 
 ドジャースは1点を追う6回、代打のデビッド・フリース内野手が2点タイムリー安打を放ち3-2と逆転に成功。さらに7回には先制タイムリー安打を放ったマニー・マチャド内野手がレフトスタンドへ豪快な3ラン本塁打を打って突き放した。
 
 4点リードの8回には、5番手として前田がリリーフとして今ポストシーズン初登板を果たし、2死から連続安打で一、三塁とピンチを背負ったが、最後は代打のルーカス・デューダ内野手を中飛に打ち取って無失点で切り抜けた。
 
 ドジャースは、9回をクローザーのケンリー・ジャンセン投手が無失点に抑えて6-2で勝利。シリーズ3勝1敗でブレーブスを制して3年連続13回目のナ・リーグ優勝決定シリーズに駒を進めた。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、試合を締めたジャンセンは試合後「昨年ワールドシリーズで敗退し大きく失望した。勝利に飢えているんだ」と話し、「今季は簡単なシーズンではなかったが、3年連続でNLCS(ナ・リーグ優勝決定シリーズ)に進むことができた」とミルウォーキー・ブリュワーズが待つ次の舞台へ向けて意気込んだ。
 
 また、米スポーツサイト『ESPN』によれば、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は「マチャドのシリーズ2本の本塁打が2勝をもたらしてくれた」とマチャドの効果的な一発を称賛し。そして「我々にはもっと果たさなければいけない事がある。あと8勝、勝ちにいくよ」と昨年惜しくも成し遂げられなかったワールドチャンピオンを狙っていくと決意を新たにしていた。
 
 ドジャースとブリュワーズによるリーグ優勝決定シリーズは、12日(同13日)からまずブリュワーズの本拠地ミラー・パークで幕を開ける。