データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、第3打席は今季60打点目の犠飛 リリーフ投手の代わり端を捉えるもスタンドには届かず

2018/09/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が28日(日本時間)、本拠地エンゼル・スタジアムでのオークランド・アスレチックス戦に「4番・指名打者」で先発出場。第3打席で今季60打点目となる犠飛を放った。
 
 大谷は、右腕マイク・ファイアーズ投手に対して2回の第1打席で左前安打を放ち、その後今季10個目の盗塁となる三盗を成功させて先制のホームを踏んだ。3点リード3回には、3番のマイク・トラウト外野手の第39号2ラン本塁打の直後に第2打席を迎え、初球のチェンジアップを引っ張って二塁打。2打席連続安打とした。
 
 5回の第3打席では、1死一、三塁のチャンスで打席の直前に登板した3番手の右腕ライアン・ダル投手と対戦。初球の86.7マイル(約140キロ)のチェンジアップを捉えたが、打球はあとひと伸び足りず左飛。それでもこれが犠飛となって三塁走者が生還し、6-0とリードを広げた。大谷はこれで今季60打点目を記録している。