データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今季2人目の快挙、ブリュワーズ・イェリッチがサイクル安打達成 チームは延長戦制す

2018/08/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ミルウォーキー・ブリュワーズのクリスチャン・イェリッチ外野手が29日(日本時間30日)、敵地でのシンシナティ・レッズ戦に出場しサイクル安打を達成した。今季2人目の快挙となる。チームは延長10回を13-12で制し、イエリッチは6打数6安打3打点で勝利に貢献した。
 
 「2番・左翼」で先発出場したイェリッチ。初回の第1打席は、相手先発マット・ハービー投手から中前打。第2打席は二塁への内野安打を放つと、第3打席は初球を右翼へ運び、今季26号2ランとした。
 
 第4打席は3番手マイケル・ロレンゼン投手から左中間への二塁打を放ち、三塁打を残してサイクル安打に王手をかけた。
 
 7回の第5打席、対するは4番手の右腕デビッド・ヘルナンデス投手。イェリッチは変化球を捉え、打球は右中間へ。自慢の快足を飛ばし、一気に三塁へ到達してサイクル安打を達成した。ボストン・レッドソックスのムーキー・ベッツ外野手に次ぐ今季2人目の記録達成となった。
 
 さらに9回の第6打席には、ライセル・イグレシアス投手の3球目を三塁への内野安打とした。この日、イェリッチは6打数6安打6打点の活躍。試合は11-11の同点で延長10回に突入し、ブリュワーズが2点を挙げて逃げ切った。
 
 今季好調のイェリッチは、28日(日本時間29日)時点で117試合に出場し、打率.310、25本塁打、72打点の成績。2013年にマイアミ・マーリンズでメジャーデビューし、今季からブリュワーズに加入した26歳。ナショナル・リーグ中地区3位から首位シカゴ・カブスを追い上げる大きな原動力となっている。