データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、投手復帰へ向け順調な調整 エ軍GMも高評価「彼の様子に満足」

2018/08/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地でのヒューストン・アストロズとの試合前にブルペンに入り、21球を投げた。地元紙『オレンジ・カウンティ・レジスター』が伝えている。
 
 右肘の内側側副靱帯損傷からの復帰を目指す大谷は、この日の試合前にブルペンで軽めの21球の調整。また、エンゼルスのGMのビリー・エプラー氏は記者からの質問に対して「彼が順調に調整を重ねることができていて嬉しい。これまでに投げた実戦形式や、コーチや動画やデータからのフィードバックから、我々は彼の様子に満足している」と答えたという。
 
 また、次回の投球は月曜日に行われ、45球から50球を実戦形式の投球練習で投げるとのことだ。今季中の投手復帰に向け大谷は調整を重ねている。