データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、1年ぶり2被弾で7回4失点 序盤の好投から一転…8勝目ならず

2018/07/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



得意のチェンジアップがキレキレ。3回までパーフェクト

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が24日(日本時間25日)、敵地シチズンズバンク・パークでのフィラデルフィア・フィリーズ戦に先発登板し、7回4失点で8勝目はならなかった。
 
 前田は、オールスターゲーム直前の15日(同16日)のロサンゼルス・エンゼルス戦にリリーフ登板して以来、中9日のマウンド。シーズン後半戦初登板となった。
 
 初回に味方打線に1点の援護をもらった前田。先頭のセザー・ヘルナンデス内野手を91マイル(約146キロ)の速球で一ゴロに打ち取ると、続くリース・ホスキンス外野手はフルカウントから速球で一飛。最後はオデュベル・ヘレーラ外野手を85.3マイル(約137キロ)のチェンジアップで二ゴロに抑えて3者凡退で立ち上がった。
 
 2回は先頭の4番カルロス・サンタナ内野手を初球の速球で二ゴロ。続くマイケル・フランコ内野手に対しては、85.1マイル(約137キロ)のスライダーで空振り三振を奪う。そしてニック・ウィリアムズ外野手をチェンジアップで二ゴロに打ち取って、初回に続き難なく3者凡退に抑えた。
 
 快調な投球を続ける前田は3回、先頭の7番ヘスミュール・バレンティン内野手をチェンジアップで空振り三振に仕留めると、続くホルヘ・アルファロ捕手もチェンジアップで空三振。そして9番のアーロン・ノラ投手も速球で右直に抑えて3者凡退。序盤3回までをパーフェクト、フィリーズ打線を手玉に取る完璧な投球を見せた。

1 2 3