データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第2打席にセンターへ8号特大HR! 9戦ぶり一発、打球速度は驚異の174キロ

2018/07/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が23日(日本時間24日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのシカゴ・ホワイトソックス戦に「6番・指名打者(DH)」で先発出場。第2打席に第8号ソロ本塁打を放った。

 2戦連続安打中の大谷は、0-1と1点を追う2回の先頭打者として第1打席を迎え、相手先発の右腕ルーカス・ジオリト投手と対戦。カウント1-1から93.6マイル(約151キロ)の速球を逆方向へ弾き返し、打球はレフト方向へぐんぐん伸びたが、あと一歩スタンドには届かず左飛となった。

 エンゼルスは3回、コール・カルフーン外野手のタイムリー二塁打とマイク・トラウト外野手の犠飛で2得点を挙げ逆転に成功。そして4回、大谷は1死走者なしで第2打席に立ち、カウント2-1から外角高めの93.5マイル(約150キロ)の速球を完璧に捉え、打球はセンター奥深くの芝生エリアに届く第8号ソロ本塁打となった。大谷の本塁打は8日(同9日)以来9試合ぶり。

 米分析システム『Statcast』によれば、この本塁打の打球速度は108マイル(約174キロ)、打球角度30度、最高到達点111フィート(33.8メートル)、飛距離は435フィート(約132.9メートル)だった。

 エンゼルスは4回を終了し3-1とリードしている。