データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



平野佳寿、勝ち越し弾浴び2敗目 7月の防御率は9.00

2018/07/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が21日(日本時間22日)、本拠地で行われたコロラド・ロッキーズ戦に登板。1回2/3を投げ、2安打、2三振、1四球、1失点で2敗目を喫した。
 
 この日は4-4の7回の1死一塁の場面で登板。アレナドを打ち取るも、続く4番・ゴンザレスに適時二塁打を許し、勝ち越しを許した。その後チームは同点に追いつくと、平野は回またぎで8回にも登板。しかし、2死からマーフィーに勝ち越し弾を浴び、チームもそのまま敗戦。平野は今季の2敗目を喫した。
 
 平野はこの失点で今月は6失点とし、防御率は9.00。この夏場に調子を取り戻すことができるのか。MLB挑戦1年目の正念場を迎えている。