データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、7回途中2失点の好投も8勝目ならず 苦手打者にまたしても痛恨の同点弾喫する

2018/07/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



序盤は打たせて取る投球。球数少なくテンポ良し。

 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が15日(日本時間16日)、敵地プログレッシブ・フィールドでのクリーブランド・インディアンス戦に登板し、6回1/3を投げ2失点。8勝目はならなかった。
 
 両太もも裏を痛めて復帰2戦目、中4日でのマウンドとなった田中。チームとしてシーズン前半最後試合となったのこの日、先発としては初めて日系4世のカイル・ヒガシオカ捕手とバッテリーを組んだ。
 
 ヤンキースは、初回の攻撃でインディアンス先発の右腕トレバー・バウアー投手に対し2死満塁のチャンスを作るも無得点に終わる。
 
 一方の田中は、先頭打者のフランシスコ・リンドーア内野手に対して85.9マイル(約138キロ)のスプリットで二ゴロに打ち取ると、続くマイケル・ブラントリー外野手は82.5マイル(約133キロ)のスライダーで左直。最後はホセ・ラミレス内野手をスプリットでファールチップの三振に仕留め、わずか9球で3者凡退に抑える立ち上がりを見せた。
 
 2回も田中は安定した投球を見せる。先頭の4番エドウィン・エンカルナシオン外野手は過去対戦打率.455と苦手にしているが、低めのスライダーで三ゴロ。続くヨンダー・アロンゾ内野手もスプリットで空振り三振に打ち取り、簡単に2アウトを取ったが、ここでジェイソン・キプニス内野手にカーブを弾き返され右前安打。このの日初めて安打を許す。それでも、ロベルト・ペレス捕手を91.3マイル(約147キロ)の速球で右飛に打ち取り、無失点とした。
 
 3回、ヤンキース打線は2死一、三塁から5番のアーロン・ヒックス外野手が右前タイムロー安打を放ち1点を先制。
 
 援護をもらった田中は、先頭の8番タイラー・ネイクイン外野手をスプリットで二ゴロ、グレッグ・アレン外野手をシンカーで投ゴロとして2アウト。そして1番に返りリンドーア内野手をスプリットで左飛に打ち取って、この回10球で初回に続き3者凡退とした。
 
 序盤3回は31球(ストライク22球)を投げ被安打1、無四球、奪三振2、無失点。内野ゴロ4つ、フライアウト3つと打たせて取る投球が目立った。

1 2