データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マエケン、“スプリットのような”魔球チェンジアップで6勝目 「効果的に使えた」と胸張る

2018/07/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が11日(日本時間12日)、敵地ペトコ・パークでのサンディエゴ・パドレス戦に先発登板し、6回途中9奪三振1失点の好投。産休明けの試合で今季6勝目を挙げた。
 
 前田は初回に先頭打者から2連打で先制を許したが、それ以降は安定した投球を披露。4者連続、3者連続の三振を奪うなど、この日奪った三振は9つ。走者を背負っても動じず、速球、チェンジアップ、スライダーを駆使して相手打者を次々に打ち取った。なお球団公式ツイッターでは、前田が奪った三振をまとめて紹介している。
 
 この日は5回2/3、92球(ストライク62球)を投げ被安打4、与四球1、奪三振9、失点1の成績で防御率は3.13。ドジャースは4-2で接戦を制し、前田は第2子誕生後の産休明けの試合で今季6勝目を飾った。
 
 米公式サイト『MLB.com』では、9個中7個の三振の決め球に使うなど多用したチェンジアップについて、「スプリットのよう」と表現。そして、前田も「効果的に使いこなすことができて、多くの三振が取れた」と納得のコメント。「昨年は全く使用することはなかったが、今年は使うことができているので、他の球種も良くなっている」と幅が広がっている自身の投球に自信を深めた様子だった。
 
 また、相手のパドレスのアンディ・グリーン監督も「以前より多く投げていたね。速球とはまた違うスピンで見極められず、本当に苦労した」とチェンジアップに翻弄された前田の投球に舌を巻いた。
 
 6回を投げ切ることはできなかったが、初球ストライクも多く、先制点を取られた後は常に優位に勝負を進めていた前田。この勝利で、ナショナル・リーグ西地区首位のアリゾナ・ダイヤモンドバックスとは0.5ゲーム差。昨季のリーグ王者が、いよいよ首位を捉えようとしている。

1 2