データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、左腕から復帰後初タイムリー! 2試合連続安打&打点 エンゼルスは二桁安打で快勝

2018/07/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)、本拠地でのシアトル・マリナーズ戦に「6番・指名打者(DH)」で2試合ぶりに先発出場。4打数1安打1四球1打点1得点で、打率.274とした。チームは15安打で、9-3と快勝した。
 
 代打で出場した8日(同9日)の試合で、復帰後初の本塁打を放った大谷。この日も2試合連続のアーチが期待されていた。
 
 先発マイク・リーク投手の前に第1打席は四球を選び、第2打席は二ゴロに倒れた。4回の第3打席、5球目のチェンジアップをスイングし、一塁へ激走。打球を捕球した二塁ゴードンの悪送球を誘って、出塁した。後続の適時打でホームに生還し、7日(同8日)の右膝への自打球の影響を感じさせなかった。
 
 6回の第4打席は一ゴロとした。8回まで先発唯一のノーヒットだった大谷は、2死二塁で左腕エリアスと対戦。2球目94マイルの速球を左翼へ運び、復帰後初の適時打とした。
 
 この日は、2戦連続の本塁打とはいかなかったが、足とバットでしっかりと結果を残した。