データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、復帰戦は4打数無安打3三振 苦手左腕と剛速球クローザーの前に封じ込まれる

2018/07/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 右肘靭帯損傷で故障者リスト入りしていたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、敵地セーフコ・フィールドでのシアトル・マリナーズ戦で約1カ月ぶりに復帰。「6番・指名打者(DH)」で先発出場し、4打数無安打3三振だった。
 
 大谷は、相手先発の左腕ウェイド・レブラン投手に対し第1打席は見逃し三振、第2打席は左邪飛といずれもカットボールを捉えられず、第3打席は速球の前に見逃し三振に倒れた。
 
 大谷は3点を追う9回、2死走者なしの場面で第4打席を迎え、マリナーズのクローザーである右腕エドウィン・ディアズ投手と対戦。初球の97.2マイル(約156キロの)の速球を見逃すと、2球目のスライダーを空振り、3球目は99.1マイル(約159キロ)の速球を見極めボール。カウント1-2となって、最後は4球目の90マイル(約145キロ)のスライダーに空振り三振を喫した。
 
 大谷は復帰戦となったこの日を4打数無安打3三振で終え、打率を.280とした。
 
 エンゼルスは、先発のアンドリュー・ヒーニー投手が7回3失点と好投したが、8回に2番手のノエ・ラミレス投手が指名打者のネルソン・クルーズにソロ本塁打を浴びてダメ押し点を喫し、1-4で敗れた。一方、勝ったマリナーズは8連勝としている。