データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャース・ケンプ、自身初の1試合5安打 3ラン締めで本拠地熱狂「彼はマシーンだ!」

2018/07/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



5打数5安打4打点!「MVP」コールも

 ロサンゼルス・ドジャースのマット・ケンプ外野手が2日(日本時間3日)、本拠地ドジャー・スタジアムで行われたピッツバーグ・パイレーツ戦で5安打4打点と活躍。チームの大勝に貢献した。
 
 「5番・レフト」で先発出場したケンプは、初回に相手先発ニック・キングハム投手から左前安打を放つと、3回には今季18本目の二塁打。そして、4回には1死三塁のチャンスで2番手タナー・アンダーソン投手から中前へタイムリー安打を放ち、この日3安打目にして初打点を記録した。
 
 5回に4安打目となる右前安打を放ったケンプ。6回1死一、二塁のチャンスで第5打席を迎えると、今度は3番手のスティーブン・ブラウト投手に対してカウント3-1から91.5マイル(約147キロ)の速球を弾き返し、左中間へ第15号3ラン本塁打とした。
 
 これで16-1としたドジャースは、最終的に21安打17得点で17-1の圧勝。ケンプは5打数5安打(1本塁打)4打点で、打率を.323とした。ケンプの1試合5安打はキャリア初。
 
 ケンプの活躍に、地元放送局の実況席も「彼はマシーンだ!」「冗談だろ?」と驚愕。そして本拠地のファンからは「MVP」コールも上がるなど熱狂に包まれた。なおこの5安打は球団の公式ツイッターで紹介されている。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、試合後ケンプは自身の打撃について「良い感じだ。明日もまた打つよ」と上機嫌。また、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督も「誰もが彼の打席に釘付けだった」と絶賛していた。
 
 ドジャースはこれで2連勝。この日敗れ4連敗となったナショナル・リーグ西地区首位のアリゾナ・ダイヤモンドバックスとの差を1.5ゲームに縮めている。

1 2