データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



平野、23試合連続無失点で防御率1.29 球団記録にあと「1」、日本人記録にあと「4」

2018/06/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手が26日(日本時間27日)、敵地マーリンズ・パークで行われたマイアミ・マーリンズ戦にリリーフ登板し、2安打を浴びながらも無失点。連続無失点試合を「23」に伸ばした。
 
 平野は、5-3と2点リードで迎えた8回に4番手として登板。先頭の7番ルイス・ブリンソン外野手を90.8マイル(約146キロ)の速球で右飛に打ち取ると、続くブライアン・ホラデイ捕手には死球を与えて1死一塁。
 
 ここで代打のキャメロン・メイビン外野手をフルカウントから90.1マイル(約145キロ)の速球で見逃し三振に仕留め、2アウトとする。しかし、打順1番に返りデレク・ディートリック内野手、ブライアン・アンダーソン内野手にともにスプリットを弾き返され連続安打を浴び、2死満塁のピンチを背負うことに。
 
 それでも、最後は3番のジャスティン・ボーア内野手をカウント1-1から83.6マイル(約135キロ)のスプリットで中直に打ち取って、何とか無失点で切り抜けることに成功した。
 
 平野はこの日1回21球(ストライク12球)を投げ、被安打2、与死球1、奪三振1、無失点で防御率を1.29とした。これで連続無失点は23試合に伸び、球団記録にあと「1」、日本人投手の連続無失点記録(ボストン・レッドソックス時代の上原浩治投手の「27」)にあと「4」となった。
 
 ダイヤモンドバックスは、そのまま5-3で勝利を収め連敗を阻止。今月24試合で17勝目をマークし、今季ナショナル・リーグ西地区首位をキープした。