データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ヤンキース、5点差追いつきサヨナラ勝ち 主砲スタントンが決勝2ラン

2018/06/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースは20日(日本時間21日)、本拠地ヤンキー・スタジアムで行われたシアトル・マリナーズ戦で劇的なサヨナラ勝ちを収めた。5点差を追いつき、最後は主砲ジャンカルロ・スタントン外野手が決勝の2ランを放ち、好調マリナーズを7-5で下した。
 
 ヤンキースは、先発ジョナサン・ロアイシガ投手が4回に味方のエラーが絡み3点を失うと、この回途中で降板。5回には後続が2点を献上し、ヤンキースは5回表終了時で5-0とリードを許す展開となった。
 
 5回裏、二塁打と四球で1死一、二塁の好機をつくると、アーロン・ジャッジ外野手の適時打が飛び出し2点を返した。
 
7回に1死一、三塁からディーディー・グレゴリアス内野手の犠飛で2点差に迫ると、8回は無死一塁でゲーリー・サンチェス捕手が2ランを放ち同点に追いついた。
 
  守護神アロルディス・チャップマン投手が9回表を三者凡退に抑え、5-5の同点でその裏を迎えた。
 
 ヤンキース打線は2死まで追い込まれたが、グレゴリアスが中前打で出塁。続くスタントンが左中間スタンドに起死回生の2点を放ち、今季3度目のサヨナラ勝ちを決めた。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、スタントンは「試合が終わるまで点数なんて関係ない。いつもチャンスがあるんだ。今日はそれを証明できた」と語った。
 
 アメリカン・リーグ東地区1位に立つヤンキース。このサヨナラ勝ちはチームにとって更なる追い風となるか。