データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、復帰2戦目は4回途中3失点 スライド登板も制球定まらず5四球の苦しい投球

2018/06/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が19日(日本時間20日)、敵地リグリー・フィールドで行われているシカゴ・カブス戦に先発登板し、4回途中3失点で降板した。
 
 故障者リストから復帰2戦目となった前田。この日の相手はナショナル・リーグでチーム打率トップを誇り、自身レギュラーシーズン初対戦となるカブスだ。前日に降雨及び停電で中止となった試合がダブルヘッダーの第1試合に組み込まれた形だが、前田にとってはスライド登板でどんな投球を見せるのか注目される。
 
 ドジャースは初回、先頭打者のジョク・ピーダーソン外野手が相手先発タイラー・チャットウッド投手からソロ本塁打を放ち先制に成功する。
 
 幸先良く1点の援護をもらいマウンドに登った前田は、先頭のクリス・ブライアント内野手を84.5マイル(136キロ)のスライダーで空振り三振を奪うと、続くジェイソン・ヘイワード外野手は90.4マイル(約145キロ)の速球で二ゴロ。両打ちで左打席に入ったベン・ゾブリスト内野手には速球を左前安打とされたが、最後は4番のアンソニー・リゾー内野手を82.9マイル(約133キロ)のチェンジアップで二ゴロに打ち取り、無失点の立ち上がりを見せた。
 
 2回は、先頭の5番イアン・ハップ外野手を速球で左飛。カイル・シュワーバー外野手には速球を左前に運ばれ、アディソン・ラッセル内野手にはスライダーを右前安打とされて1死一、二塁のピンチを迎えた。クリス・ジメネス捕手に対してはフルカウントから四球を与え満塁となり、ここで投手のチャットウッドをフルカウントからスライダーで空振り三振を奪い2アウト。
 
 しかし、1番のブライアントを迎え、フルカウントから84.8マイル(約136キロ)のスライダーを引っ張られると、打球はレフト線への2点タイムリーエンタイトル二塁打となり、1-2と逆転を許してしまった。後続を左飛に打ち取り3アウトとしたが、この回は際どい外角のコースをことごとくストライク判定にしてもらえず悔しいイニングとなった。
 
 3回、前田は先頭の3番ゾブリストを四球で歩かせると、続くリゾーはチェンジアップでシフトにより一二塁間にいたサードへの三ゴロ。1死二塁となる。ここでハップを初球のスライダーで二直。シュワーバーを申告敬遠で歩かせ一、二塁とした後、ラッセルにも四球を与えてしまい、2回に続いて満塁のピンチを迎えた。そして、ジメネスを打席に迎え、カウント1-2から92.3マイル(約149キロ)の速球で右飛に打ち取り、何とか無失点で切り抜けた。前田は、ベンチに戻る際に首を振り納得いかない表情を見せていた。
 
 ここまで61球を投げている前田。4回は、先頭の9番チャットウッドにスライダーを捉えられるも中直。前の打席でタイムリーを打たれているブライアントも初球のスライダーで捕飛に打ち取って難なく2アウトを取る。しかし、ヘイワードには速球を弾き返されて右前安打を許し、3者凡退はならなかった。続くゾブリストにはストレートの四球を与え、一、二塁としたところでデーブ・ロバーツ監督がベンチから出て投手交代を告げた。
 
 前田はこの日3回2/3、74球(ストライク40球)を投げ被安打5、与四球5、奪三振2。前田の後を受けた2番手アダム・リベラトーレ投手が、4番のリゾーにタイムリー安打を許し、前田が出したヘイワードが生還したため、失点は3となり、防御率は3.84となった。
 
 試合は4回を終了し、ドジャースは1-3でリードを許している。