データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ブレーブス“黄金期”到来の予感!? 球宴ファン投票で3選手が出場圏内にランクイン

2018/06/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 MLBでは、7月17日(日本時間18日)に開催されるオールスターゲームのファン投票が行われている。米公式サイトは11日(同12日)、ナショナル・リーグの投票途中結果を発表。球団別にみると、アトランタ・ブレーブスから最多の3人が球宴出場を射程圏内に捉えている。
 
 ファン投票でトップに立っているのは、一塁手部門にフレディ・フリーマン(63万3342票)、二塁手部門にオジー・アルビーズ(39万8816票)の2人。3選手が選出される外野手部門では、中堅手のニック・マーケイキス(49万4206票)が2位にランクインしている。
 
 フリーマンは、2位に約40万票差をつけての断然トップ。10日(同11日)時点で、今季62試合に出場し、打率.340、12本塁打、45打点の活躍を見せている。打率はリーグトップタイ、打点は同5位だがトップまで3点差と、打撃2冠も視野に入ってきた。
 
21歳のアルビーズは、昨季球団史上2番目の若さ(20歳206日)でメジャーデビュー。身長は175センチとメジャーリーガーの中では決して大柄ではないが、チームトップの15本塁打を放つなどスイッチヒッターとしてスラッガーの片りんをうかがわせる。
 
 メジャー13年目を迎えたマーケイキスは、過去10シーズンで年間150試合以上に出場している。打率.280前後を確実に打てる選手で、今季は開幕から好調を維持しており、現時点で打率.327をマークしている。
 
 現在、ナ・リーグ東地区首位タイを走るブレーブス。ファン投票では遊撃手部門において、ダンスビー・スワンソンが2位に入るなど、野手陣の充実が好調を支えている。5年ぶりの地区優勝に向け、ブレーブスに“黄金期”到来となるか注目だ。