データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、マメで緊急降板 正捕手「何かが違うと…」指揮官「深刻ではない」次回登板は未定

2018/06/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



4回にゴードンに先制タイムリー浴びる

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたカンザスシティ・ロイヤルズ戦に先発登板したが、5回に右手中指にマメを発症し急遽降板。エンゼルスは逆転勝利を収め、大谷に勝敗は付かなかった。
 
 大谷は、初回に先頭打者に安打を許すなど1死一、二塁のピンチを迎えたが、強打のサルバドール・ペレス捕手に対しスライダーで投ゴロ、1-4-3の併殺に打ち取って無失点で切り抜ける。
 
 2回も先頭打者に二塁打を浴びた大谷だったが、痛烈なピッチャー返しを捕球し打ち取るなど粘りの投球でここも無失点。3回はこの日初めてとなる3者凡退に斬って取った。
 
 しかし0-0で迎えた4回、安打でこの日3度目となる先頭打者の出塁を許すと、その後2死二塁となって、6番のアレックス・ゴードン外野手にカウント3-1から高めの93.9マイル(約151キロ)の速球を右前タイムリーとされて先制点を与えてしまった。
 
 5回、通常よりマウンドに行くのが遅れた大谷は、投球前に右手中指を気にする仕草を見せ、マイク・ソーシア監督をはじめスタッフが大谷の元に集合。この時大谷は右手中指にマメを発症しており、ソーシア監督は投手の交代を告げた。
 
 大谷はこの日4回63球(ストライク33球)を投げ被安打4、与四球3、奪三振4、失点1で防御率は3.10。4月17日(同18日)のボストン・レッドソックス戦以来のマメの発症で、悔しい降板となった。
 
 エンゼルスはその後5回に同点に追いつくと、6回にイアン・キンズラー内野手の2ラン本塁打で勝ち越しに成功。最終的に4-3で勝利し、大谷の負けは無くなった。

「ウォームアップでたくさん速球を投げていた」

 米公式サイト『MLB.com』によると、この日大谷の球を受けたマーティン・マルドナード捕手は、大谷のコンディションついて「通常、彼はたくさんのカーブを投げるが…」と話し、「今日の彼はウォームアップでたくさん速球を投げていたので、何か違うと思った」と振り返っている。
 
 一方、ソーシア監督は大谷のマメの症状について、以前のものほど深刻なものではないとしたが、中6日を空けての次回(現地13日、日本時間14日の敵地でのシアトル・マリナーズ戦)の先発登板に影響を与えるかどうか、判断する前に時間をかけて待たなければならないだろうと語った。
 
 そして、「我々にはたくさんの選択肢がある。明日は(試合がない)オフなので、いくつか見ておくことができる」と冷静に考え決めていく姿勢であることを強調している。
 
 今季2度目となる利き手のマメによる降板となった大谷。大事に至らず、万全に回復させた後に、再び投打で活躍することが待たれるところだ。