データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、またも右手中指のマメに泣く… 4回1失点で急遽降板。チームが逆転し負けは付かず

2018/06/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



4回に先制タイムリー浴びる

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのカンザスシティ・ロイヤルズ戦に先発登板し5回の投球直前に右手中指にマメを発症し急遽降板した。
 
 大谷は、今季10度目の登板。5勝目を狙うマウンドで、序盤3回までは走者を背負いながらも粘りの投球を見せ無失点。しかし、4回に2死一塁から暴投で走者を得点圏に置いてしまい、直後にアレックス・ゴードン外野手にタイムリー安打を浴びて先制点を許してしまった。
 
 そして5回、大谷が投球を始める前にマイク・ソーシア監督らスタッフがマウンドに集まり、大谷が右手中指を気にする中、ソーシア監督は交代を決断。大谷は悔しさをあらわにしながらもリリーフのジム・ジョンソン投手にマウンドを譲った。
 
 球団は、大谷の症状について「右手中指のマメ」と発表。大谷は、4月17日(同18日)のボストン・レッドソックス戦に登板した際にも、2回に同箇所にマメを発症し降板しているが、今回再発する形となった。
 
 試合は、エンゼルスが1点を追う5回にザック・コザート内野手のタイムリー二塁打を放ち、同点に追いついて大谷の負けを消すと、6回にイアン・キンズラー内野手の第6号2ラン本塁打で勝ち越しに成功。現在6回を終了し3-1でエンゼルスがリードしている。